072-730-0331

ウィリアム&メアリー様式

ウィリアム&メアリー様式とは、ウィリアム3世と妻メアリー2世の共同統治時代(1689-1702)に流行した様式のことを指します。

オランダ出身のウィリアム3世がオランダから優秀な家具職人を連れて来たことにより家具の形や装飾が重厚なスタイルが多く見られるようになりました。またこの頃は素材はウォールナットが多く使われていました。

特徴としては、脚元はベルフットと呼ばれる釣鐘型のデザインや、階段や欄干の手すりを支える柱状の装飾のバラスターレッグや

脚同士をクロスで繋ぐ貫(ストレッチャー)はウィリアム&メアリー様式の特徴の1つです。

 

17世紀に流行ったバラスターレッグ

クロスストラクチャーと呼ばれるX字の貫

釣鐘型のベルフット

 

バラスターレッグとクロスストレッチャーのウィリアム&メアリー様式のデスクはこちら↓↓

デスク/15040104030

NEXT
New Arrivals! 2020-Part2
prev
ジャコビアン様式