サイドボード組み直し

2013年12月14日

こんにちは、ツインアンティークス鈴木です。
前回に引き続きサイドボードの修理です。

今回は、一度分解した家具を元に組み直していきます。
古い接着剤とホコリを掃除して、仮組みをした後に接着剤を入れて組んでいきます。
パーツを間違えないように組み、道具で固定していきます。

GetAttachmentSB1

 

 

 

 

 

 

 

本体を接着している間に、引き出しのフェルトを張り替えます。
古いフェルトをはがし、引き出しの下地をきれいにしておきます。
引き出しの部分ごとにフェルトをずれないように貼っていきます。
接着剤が渇いた後に、底板をはめて出来上がりです。

sb2

sb3sb4
 

 

 

 

 

組み直しが済んだ本体に、扉、引き出しを調整しながら付けていき完成です。
sb7sb6sb5

 

 

 

 

 

 

 

始めにあったぐらつき、きしみが無くなり、引き出しもスムーズに動くようになりました!

当店では時間は少しかかりますが修理、メンテナンスをしっかり行い、家具を良い状態でお客様の元へお届けしたいと思っております。アンティークには興味はあるけど、古いものなので使い勝手、状態が気になるという方にも安心していただけるようこれからも修理の状況をお伝えできたらと思っています。これからも宜しくお願い致します。

ツインアンティークス

鈴木